投資初心者の方に役立つ情報をお届けします

NISAの投資は所得税も非課税!日経系について

株取引での利益というのはそっくり自分のものになるわけではありませんで、そこから税金が引かれます。21世紀に入りまして上場株式などの配当金や分配金は10%の軽減税率となっていました。このうち7%が所得税で3%が住民税です。しかしこの制度は2013年いっぱいで終了しまして、2014年からは証券税制が変更され20%になりました。今度は所得税15%で住民税が5%です。なお実際はいずれの時にも復興特別所得税が加算されます。このような税率の変更がありますと、特に少ない金額を投資に使って楽しんでいた人などはやらなくなってしまう可能性がありますのでそれを補う制度が必要になりました。それが2014年から始まった少額投資非課税制度NISAです。これは少ない投資額の人のためですから限度額を100万円、現在では120万円までに制限してはいますが、本来なら20%の課税がされるところを非課税で済むのですから、大変お得と言えます。このNISAの制度は国内上場株式だけが対象ではなく他にもいろいろな商品を買うことが可能です。投資信託ファンド、上場投資信託、不動産投資信託などです。このうち始めやすいのが上場投資信託でこれは日経平均株価などと連動を目指すものですから考えやすいのです。もし一般の株式ですとその会社の業績や内容を一社ごとに検討したり、例えばどこの国に工場を作ったとか最近はどこの国に進出しているとかの情報も逐一分析しなくてはいけませんが、上場投資信託ですと日経の数字の値動きを見ることで判断ができますから、初めての人にも勉強がしやすいです。特にNISAでの運用を開始したばかりという人は個別の会社を検討するのはたいへんですから、まずはこういう商品を選んでいくのが得策です。